フランク・ミュラー ウォッチランド グループが主催するが、から4日間、初めて日本で開催されました。

会場は京都・東山の高台寺門前にあるSODOH(ソウドウ)の、日本庭園に囲まれた由緒ある邸宅です。スイス本国からフランク・ミュラーをはじめとする参画ブランドのCEOや要人が来日し、『WPHH JAPON 2013 in KYOTO』と題して、全9ブランドによる新作発表と作品展示・顧客向け販売会を行いました。
会場となったソウドウは、日本画の大家竹内栖鳳の私邸兼アトリエとして、1929年に建てられました。 フランク ミュラー正規認定中古時計 自然美と古都・京都の風情を愛した画家の美意識が端々まで貫かれた当時の佇まいを、今に伝える貴重な場所といえるでしょう。またこの邸は、竹内栖鳳に招かれた東西の文化人の交流の場でもありました。邸内から隣接する八坂の塔を望むとき、はるか昔に同じ場所で、彼らが交わした言葉が蘇ってくるようにさえ感じられます。
こうしたさまざまな由来をふくめ、ソウドウは日本の伝統や文化、美術にも通じたフランク・ミュラーの感性に響く場所でした。京都滞在中にフランク・ミュラーは、京都市美術館で開かれていた竹内栖鳳の回顧展に足を運び、偉大な美の先駆者が残した仕事に見入っていました。
その同じ部屋に、フランク・ミュラーの伝説的なモデル――1991年製作のダブルフェイス・モノプッシャー・クロノグラフ・ワールドタイム、’95年製作のインぺリアル トゥールビヨンなどの複雑時計と、’92年製作のヴィンテージ トノウ・カーべックスのように端正な機械式時計が並んでいます。新旧のモデルの対比によって、フランク・ミュラーとウォッチランドの歩みが浮かび上がるディスプレイが、評判をよんでいました。
この部屋のほかに、フランク・ミュラー、バックス & ストラウス、クストスの3ブランドのプレゼンテーションルームが設けられ、フランク・ミュラー | 腕時計それぞれの雰囲気にあわせて趣向をこらした幻想的な花が、花人 赤井勝氏の手でコーディネートされています。
古き良き日本の雰囲気を残す木枠のガラス戸に映る庭の景色と、それに共鳴するかのように輝く時計が花とも渾然一体となって、西洋と東洋の美が溶け合う空間が出現しました。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s