時計と靴に大枚をはたく理由が少しわかった気がした

LVMH ウォッチ ディヴィジョンの技術責任者に就任したギィ・セモンが、1/100秒計測クロノグラフを新設計。新素材のヒゲゼンマイを搭載し、パワーリザーブも延びた。セラミックケース×アリゲーターストラップ、自動巻き、44mm径。¥1,250,000(9月発売予定)〈ZENITH/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス
メイド・イン・ジャパン製品が世界的に注目を集める中、日本の伝統的な土佐手漉き和紙を文字板に採用したモデル。新品 フランク・ミュラー障子にも使われる和紙は光を透過する特性を持つが、これをエコ・ドライブの光発電に役立てるというアイデアが秀逸だ。職人が手で漉き上げた和紙は1点1点風合いが異なるため、ちょっとしたワンオフ感も味わえる。
かつてこのコラムで客引き時代の話を書いた後、ある知り合いから連絡をもらった。今の彼は時計コレクターだが、そもそも時計を見るきっかけは、仕事の相手を見抜くためだった、と語った。その相手が本物かどうかは、時計と靴を見ればわかる、と彼は豪語した。投資の世界でのし上がった人物がいうのだから、本当なのだろう。人の見立てに自信がない場合、その人物が所有する物を見て判断するのは古典的な手法だが、今なお有用だ。

紳士の皆さん、時計と靴への投資は無駄にあらず、です。見る目を養いさえすれば、贋作の見分けはつくようになる。つけば、相手が何者かの判断はできるだろう。少なくとも、詐欺師に騙される可能性は少なくなる、というのは筆者の経験からもいえる。なるほど、海外の紳士が、時計と靴に大枚をはたく理由が少しわかった気がした。

前述の時計コレクターの投資家は、いつも隙のない身なりをしている。理由は相手に誤解されないためだという。なるほど、完璧な仕立てのスーツを着て、丁寧にかかとを直したジョン ロブを履き、袖口にA.ランゲ&ゾーネが光っていれば、それだけで相手に信用されるだろう。

個人的に、詐欺師を見抜くポイントを挙げたい。相手が身分不相応な時計を持っていると思った場合、重さとベルトを見ること。贋作は軽く、ベルトも安っぽい。本物だと思ったなら、ベルトの傷みと、靴のカカトの減りをチェックすべし。 フランク・ミュラー – Wikipediaそこで問題があったら、忙しくて直せないか、お金を持っていないことを意味する。仕事の話が大げさならば、怪しいと考えてよさそうだ。

筆者はさまざまな人に会ってきた。判断する基準は、吉祥寺の詐欺師以降、常に時計と靴である。というわけで、あの詐欺師には個人的に感謝している。詐欺師の見抜き方は、ビジネスの世界で実に有用だったのである。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s